生活、IT・WEB、ガジェットに密着した情報をお届けしています

ブログの文章力を劇的に向上させる6冊の本

   

ブログを運営していると、自分が書く記事の文章が、読み手にきちんと伝わっているのか、すごく気になりますよね。

また、昔、自分が書いた記事をのぞくと、とても読みづらかったり、表現が下手くそで恥ずかしい思いをすることもあります。

もっと自分に文章力があれば。。

そう思ったときに、読んでおきたい本を今回ご紹介します。

1 伝わる・揺さぶる!文章を書く

文章力を向上させるというと、文章テクニックやHow toを学び、きれいな文章作りを目指しがちです。

ところが、きれいな文章が必ずしも読み手に伝わり、心を動かす文章であるとはかぎりません。

では、どのような文章が読み手に伝わり、心を動かし、そして、望みの結果を出すことができるか?その点にフォーカスした本です。

書きたいテーマはあるのになかなか文章が書けない、自己満足ではなく、読み手の心を動かす文章を書きたい。そんな方にぜひ読んでほしい一冊です。

2 思考の整理学

自分らしい、オリジナルな文章で書いたブログ記事は、読み手に興味をもたれやすいです。

そのため、SNSで拡散されたり、検索エンジンに上位表示されやすくなるなど、オリジナルの文章を書くことは、ブログのアクセスアップにつながるメリットがあります。

そんな、自分らしい、オリジナルな文章を書くときに大切なのは、独自の思考力・アイデアです。

「思考の整理学」は、アイデアを出すための思考法、情報の整理術にフォーカスした書になっています。

本書は誰にも真似できない、斬新な文章・コンテンツをつくる助けになることでしょう。

3 本を書きたい人のための文章の基礎技術

「本を書きたい人のため」と題された本だけあり、文章を書くための実践的な内容となっています。

内容は、文章の基礎的なノウハウから伝わる文章の構造、そして、プロの現場で使われているテクニックまで幅広くカバーしています。

ブログ運営している方だけでなく、今後、プロのライターとして活躍したいと思っている方にもおすすめできる一冊です。

4 プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術

読み手に伝わる文章は、決して文章技術が優れているものではない。と実感できる本です。

文章を書くことへの心構えの大切さについて知ることができます。

そして、文章は「書くのもの」ではなく、「読んでもらうもの」であることを意識できるようになります。

思うように文章が書けないときに、背中を押してくれる本です。

5 「わかりやすい」文章を書く全技術100

文章の基礎的なノウハウからあまり知られていない文章テクニックまで集めた本です。

1項目ごとに悪い例と良い例を用いて解説するなど、文章を書くためのテクニックがわかりやすくまとめられています。

文章術の復習用辞書として扱えるので、文章を書きはじめる人はもちろん、長年文章を書いている人にもおすすめです。

6 ボールのようなことば

糸井重里さんによる、エッセイです。

ひらがなと漢字が絶妙にかみあった、やわらかく、ほんわか優しい文章を堪能することができます。

文章での、ひらがなの使い方はとても勉強になります。

ひらがなって、こんなに奥深いのか。日本語のありかたについて考えさせられます。

文章がどうしても固くなってしまう、文章をやわらかく、やさしい雰囲気にしたい、そんな方に読んでほしい本です。

まとめ

ブログの文章力を向上させる本をいくつか紹介させていただきました。

当記事が皆さまの文章力向上に少しでも役立てたら幸いです。

ご観覧ありがとうございました!

スポンサーリンク