生活、IT・WEB、ガジェットに密着した情報をお届けしています

バスタオルはもういらない!?スイムタオルの4つの魅力

   

はじめに

お風呂上がりに使うバスタオルは、置き場所の確保や洗濯などにものすごく手間がかかります。これらすべての手間を解決してくれる便利なものを見つけました。

スポンサーリンク

それは、スイムタオルです。

スイムタオルといえば、吸水性にに優れ、コンパクトで持ち運びが楽という理由からプールや海水浴のときに大活躍するタオルとして知られています。

しかし、このタオルはお風呂上がりのバスタオルとして代用することができ、普段の私生活に大活躍します。

そんな、バスタオルに代わるスイムタオルの魅力とは一体何でしょうか?

 

吸水力がすごい

スイムタオルの魅力のひとつは吸水力です。バスタオルのようにしっかり拭く必要がなく、濡れたところを軽く当てるだけで水を拭き取ってしまいます。

そのため、たった2分ほどで体を拭き終わってしまいます。

 

長持ちする

スイムタオルは、布ではなくゴムのような特殊素材で作られており、絞って何回も使用できるので長持ちします。僕はスイムタオルを入手して2年目になりますが、破れたり吸水力が落ちることは未だありません。

 

コンパクト

 

スイムタオル1スイムタオルの大きさは、30cm×40cmほどです。そのため、付属の専用ケースを使用することにより旅行などに簡単に持ち込めることができます。

僕は、付属の専用ケースをなくしてしまったため、そのまま折りたたんでバッグに入れてしまっておりますが、かさばらず荷物になりません。

写真出典:http://voi.0101.co.jp/voi/wsg/wrt-5_mcd-WW866_cpg-370_pno-58_ino-01.html

 

洗濯する必要がない

スイムタオルは、洗濯必要がありません。使用後は洗濯ばさみなどで吊し干しておくだけで大丈夫です。また、タオルは抗菌処理されているため、雨の日でも生乾きのような嫌な臭いもしません。

 

速乾

スイムタオル2

スイムタオルを干してから、4−6時間で完全に乾きます。しかし、速乾はよいのですが、乾燥後は素材の特性上ものすごくカッチカッチに固まります(笑)なので、旅行に持ち込む時には、スイムタオルを折りたたんでコンパクトにしてから干すことをおすすめします。

 

おわりに

僕がスイムタオルに出会ってから2年間、バスタオルを一切使用していません。
その結果、洗濯物を大幅に減らすことができました。
とにかく、洗濯物を減らしたい!といった方から、ミニマム生活を実践しているミニマリストまで非常におすすめの商品ですね。

ご観覧ありがとうございました。

スポンサーリンク