生活、IT・WEB、ガジェットに密着した情報をお届けしています

WordPressを管理する上で必ず行っておきたいこと

   

WordPressの導入後は、定期的にメンテナンス、管理を行わなければなりません。

これらの作業を怠ると最悪の場合、これまで築き上げてきたサイトが一気に消滅してしまう恐れがあります。

スポンサーリンク

WordPressの構成や管理に慣れている方は心配いりません。

ですが、初心者の方の場合、Wordpress導入後はそれっきりで、その後の定期的にメンテナンス、管理を怠ってしまうことが多いようです。

そのため、今回はWordpressをいつまでも安全に管理する上で必ず行っておきたいことを紹介します。

内容はとても基礎的なことであり、難しいことはないので、Wordpress初心者の方にはぜひ実践していただきたいです。

WordPressデータのバックアップ

WordPressデータのバックアップを定期的にとっていれば、最悪、Wordpressサイトが消滅しても復元が可能です。

また、Wordpressを長く運営していると、想定外のトラブルが起きます。

そのため、どんな最悪のトラブルにも対応できるよう必ずバックアップを行うようにしましょう。

最近では、自動で定期的にバックアップを行ってくれるプラグインが公開されているので、これらのプラグインを活用すると良いでしょう。

中でもUpdraftPlusは、設定に難しい知識は必要なく、初心者の方にも扱いやすいのでおすすめです。

WordPressのバックアップにUpdraftPlusを選ぶ3つの理由
http://sozoen.com/yuichiro/wordpress-backup-updraftplus

サーバー・ドメイン更新

WordPressに限らず、サイト運営の初心者の方がやりがちなのが、サーバー・ドメインの更新忘れです。

サーバーは一般的に更新を忘れても数日から数週間の間であれば、復元してもらうことができます。

その期間も超えてしまった場合でもバックアップがあれば、再度サーバー契約して復元させることが可能です。

ですが、ドメインの場合、更新忘れで有効期限が過ぎると取得権は失われます。

失効後、他者にドメインを取得されたら、そのドメインで復元することはできなくなります。

このような事態にならないよう、サーバー・ドメインは必ず自動更新設定にしておきましょう。

特にドメインは、運営年数が多いとSEOにも有利になるなどメリットが多いため、安易に手放さないよう、しっかり管理しておきましょう。

【サーバーの自動更新設定】
・Xserver
https://goo.gl/BnpwE2

・ロリポップサーバー
https://lolipop.jp/manual/user/autopayment/

【ドメインレジストリの自動更新設定】
・お名前.com
http://www.onamae.com/service/d-renew/

・ムームードメイン
https://goo.gl/G2cl40

WHOIS情報更新

ドメインレジストリでドメインを取得すると取得者の正確な連絡先を公開するようWHOIS情報の登録が義務付けられています。

これを怠ると利用ドメインの一時停止され、サイトが表示されなくなります。

はじめは、取得したドメインにWHOIS情報の不備があると取得したレジストリからメールで警告があります。

それを無視し続けるとドメイン利用一時停止になるので、WHOIS情報はきちんと登録しておきましょう。

レジストリによっては、WHOIS情報更新代行サービスを行っているところもあるので、個人情報を出したくない、登録が面倒という方はぜひ利用してみましょう。

【WHOIS情報更新代行】
・お名前.com
http://www.onamae.com/service/d-regist/option.html

・ムームードメイン
https://goo.gl/JzV79Y

参考記事:
whois情報不備によるドメイン利用制限には注意

WordPressアップデート

WordPressはシステム上、セキュリティに関する脆弱性が豊富にでます。なので、必ずWordpressは最新のバージョンにアップデートしておきましょう。

 

これを怠るとハッキングにより、サイトを改ざんされてしまったり、ログインID、パスワードを引き抜かれ、管理画面に侵入されてしまうなど、とても面倒なことになる可能性があります。

これまで、多くのクライアントさんのWordpress構成、管理を担当しいてきましたが、新規アップデートのアラートが出ていてもそのままにしておくクライアントさんが結構多かったです。

いつまでも安心してWordpressを利用できるよう、新規アップデートのアラートが出ていたら、即座にアップデートするクセを付けておくといいですね。

まとめ

WordPressを管理する上で必ず、

  • バックアップ
  • サーバー・ドメイン更新
  • WHOIS情報更新
  • WordPressアップデート

は忘れずに行いましょう。

こんなの当たり前!と思う方もいらっしゃるかと思いますが、意外にもきちんとできていない方が多いようです。

本記事が自分の大切なサイトをいつもでも守れるよう、万全な管理を行うきっかけとなりましたら幸いです。

ご観覧ありがとうございました!

スポンサーリンク