生活、IT・WEB、ガジェットに密着した情報をお届けしています

MAMPのインストールから設定まで

      2015/06/02

MAMPとは

MAMPとは Mac,Apache,MySQL,PHPの略したもので、
自分のパソコンにMac、Apache、MySQL、PHP環境を簡単に構成できるソフトです。

スポンサーリンク

MAC以外にも Linux用のLAMPやWindows用のXAMPPがあります。

これによりWebサーバーやデータベースを自分のパソコンに構成することができます。

僕の場合は主にWordPressをローカルで利用する際に使用しています。

 

MAMPをインストール

NAMP1

https://www.mamp.info/en/
からMAMPをインストールします。

アプリケーションフォルダにMAMPとMAMP PROの2つがインストールされます。

MAMPフォルダ内のアプリケーションをクリックします。

NAMP2

警告ウィンドウがでたら”MAMPを起動”をクリックします。

NAMP3

無事に立ち上がればインストール完了です。

NAMP4

 

MAMPの設定

確認作業

サーバー起動のアイコンをクリックするとMAMPが起動し
“オープンのWebStert”をクリックします。

PHPバージョンを確認する

NAMP5

phpinfoをクリックしてPHPのバージョンを確認します。

 

phpMyAdminを確認

NAMP6

ツールからphpMyAdminにログインします。

MySQL、Apache、phpMyAdminそれぞれのバージョンを確認します。

 

設定

MAMPの設定のアイコンをクリックします。

スタート/ストップ項目の”サーバーを始動”にチェックを入れると
MAMPを起動したと同時にサーバーが始動します。

NAMP7

ポート、PHPのバージョン、キャッシュは利用環境に合わせて設定します。

NAMP8

NAMP9

WEBのドキュメントルートでサーバー構成を場所を指定できます。

NAMP10

 

実際に動かしてみる

Textエディターにphpコードを打ち込みます。

NAMP11

ファイルを”.php”でMAMP内のhotdocフォルダに保存します。

NAMP12

http://localhost:設定したポート/保存した.php にアクセスします。

NAMP13

 

ちゃんと動きました。

NAMP14

 

 

これでMAMPの設定は完了です。

ご観覧ありがとうございました!

スポンサーリンク